top of page

Google口コミ

Google口コミに関しまして:


Google口コミに関しましては、他のショップでも頭の痛い事と思います。イニシャルで投稿、低評価の方を、電子カルテで検索しましたが、同じイニシャルの患者さんはいませんでした。わたしの言い方が書いてありましたが、私が使わない言い方でした。また、別のケースでは、クリニック内に待ちがその女性一人でしたが、前の人が、アメリカに帰国するため、英文の診断書を書いており、時間がかかっていました。その女性は、診察も受けず、帰り、診察も受けていないのに、最低評価を下し、ボロクソにコメントを残していきました。もう1人は、7個のお店に7個の評価を出していましたが、6個のお店に☆1つで、1つ高評価なのは、ネットカフェでした。​調べた範囲では、口コミを書かれる人は、クリニックの長期通院患者さんでなく、1回だけ受診(一見さん)の方ばかりです。若い人が書くことが多いです。口コミは、長年通っている人は​あまり、書きません。この件に付きまして、書かせていただいたのは、求職者が、当クリニックの口コミを見て反省しなさいというような事を言っていたからです。お店の店主やクリニックの院長の間では、口コミは、クレーマーのたまり場だというのは常識です。相手にすると炎上します。Googleで、削除要請もできますが、よほど、差別用語が入っているとか、明らかな違反でないと、削除は難しいです。店主やクリニックの院長などでは、そういった事は当たり前の認識になっておりますが、求職者の発言から、一般の方々が、Googleの口コミを、本当だと思っていると思ったからです。新規開業クリニックで高評価なところはありますが、下記、3の方法もあり、本当の評価​はわかりません。Yahooでは、最近コメント投稿に、電話番号情報をアカウントに乗せることが必須になりました。何か、問題があった場合は、投稿者の情報を、相手に伝えると警告しています。Google口コミは未だ、野放しで、Google日本に電話をしようとしましたが、絶対繋がらないようなシステムになっております。今後、時間があれば、担当省庁にも意見したいと思いますが、政府の省庁は、細分化され、どこが担当か、まだわかっていません。このような、いい加減な口コミシステムを放置している責任は大きく、業務妨害に近いと思われます。時間があったらですが、口コミ被害者の会を結成し、実務は弁護士事務所に任せ、集団訴訟をしてみても良いのではと考えています。膨大なお店が被害にあっており、総額は相当な賠償額になりますので、弁護士報酬も桁が2桁以上違う案件ですので、乗ってくる、弁護士事務所はあると思いますし、下記内容からも、裁判で勝てる可能性は高いと考えています。​Googleの企業としてのコンプライアンスが、他のサイトより酷いのが現状です。


グーグル口コミの非公平性

1,店舗に行っていない人でも口コミを書ける。

2,Googleアカウントは、複数作れ、ライバル店が、悪い口コミを書ける。

3,有料で良い口コミを乗せるサイトが、多数存在している。(そこそこ高額)

4,悪い口コミを消す業者もいる。(そこそこ高額)

​5,Googleが、悪意ある、口コミした人の情報公開をしない。

6、書いている人が、お店のメインの人でなく一見さんが多い。

少なくとも、口コミをさせる、させないの選択肢を、お店に与えるべきだと思います。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日の出

ツツジ

bottom of page