top of page
紫の岩と花

瞑想

瞑想:チャットの頭の悪さに、ちょっと苛立った、問答。


   瞑想では、自分を2つに分ける。観察者と、現在の自分に。


   マインドフルネスも恐らく。




初心者 :観察する自己70%、実行する(観察される今の自分)自己30%が理想。


ベテラン:観察する自己80%、実行する(観察される今の自分)自己20%が理想。




超私的:


 無の境地:観察する自己100%、実行する(観察される今の自分)自己0%がほぼ、


  自己満足。何の成長もない。ただの、意識の完全分離。


  恐らく瞑想マニアが、僅かな、そういう状態になるが、ほぼ意味無し。








瞑想とは、本質的には、何をしている状態??


ChatGPT

瞑想は、多岐にわたる実践と伝統を持つもので、さまざまな方法や目的で行われていますが、本質的には以下のような状態や行為をしているものと言えるでしょう。


内向的注意: 瞑想は、注意を内部の感覚、思考、感情に向けるものであり、外部の刺激から意識を引き離すことが多い。


現在の瞬間への集中: 瞑想では、過去や未来の思考から解放され、現在の瞬間、"ここと今"に焦点を当てることが重視されます。


判断の非活性化: 瞑想を行うとき、多くの方法では、好きや嫌い、良いや悪いといった判断を控えめにし、ただ観察するだけの状態を目指します。


自己とのつながり: 瞑想は、自分自身の内面と深くつながる手段としても用いられ、自己の深い部分との対話や自己認識を促進することができます。


心の平静: 瞑想を深めるにつれて、心は落ち着き、平静な状態になることが多い。これにより、ストレスや不安が軽減されることもあります。


繰り返しの実践: 瞑想は一度だけの行為ではなく、日常的、または定期的に行われる実践として効果を発揮します。


それぞれの瞑想の流派や方法によって、上記のポイントの重視度やアプローチは異なるかもしれませんが、一般的にこれらの要素は瞑想の本質的な部分と考えられます。





User

自分の視点は1つ。自分の中を見る視点のときに、自分の中の感情は止まってしまうのでは?

ChatGPT

自分の視点を内向きにし、自分の心や感情を直接観察する瞑想の過程で、特定の感情や思考が一時的に静止するか、あるいは弱まることは確かに起こり得ます。しかし、それは必ずしも感情や思考が完全に止まることを意味するわけではありません。


以下は、この疑問に関連するポイントや概念を説明します:


感情や思考の途絶: 瞑想を深化させる過程で、時折、思考や感情が消えるような瞬間があるかもしれません。これは、深い平静や一点集中の状態になった結果として起こることがあります。


観察者の役割: 瞑想を行う際、自分を純粋な観察者として位置づけることが奨励されることが多いです。この「観察者」としての自分は、感情や思考に振り回されることなく、それらを静かに観察する存在としてイメージされます。


感情や思考の一時的な静止: 自分の中の感情や思考を意識的に観察することで、それらが一時的に静止したり、弱まったりすることはあります。しかし、これは永続的な状態ではありません。瞑想が終わった後、日常生活に戻ると、感情や思考は再び活発になることが多いです。


深い自己認識: 自分の中を観察することは、自己認識を深める手段として非常に価値があります。感情や思考が静止することで、それまで気づかなかった自分の内面の様子やパターンに気づくことができるかもしれません。


瞑想や内省のプラクティスは、それぞれの人に異なる体験をもたらします。自分の感情や思考の動きを観察することで、自己理解を深めることができる一方で、それによって感じることや学ぶことも人それぞれです。





User

基本、意識を、自分の観察者に100%持っていくと、自分の素直な感情行動は止まってしまう。それは、感情行動にいる、意識が0%になるから。それについては?

ChatGPT

おっしゃる通り、自分を100%観察する状態になると、自然な感情や行動は一時的に停止するかもしれません。これは、意識が完全に観察的な状態に移行しているため、感情や行動を引き起こす内的なプロセスに参加していないためです。


この概念について、以下の点を考慮すると理解が深まるかと思います:


二つのモード: 人は大まかに「実行モード」と「観察モード」の二つの状態を持っていると考えることができます。実行モードでは行動や感情に関与しており、観察モードでは自分自身の行動や感情を静かに観察しています。これら二つのモードを同時に100%で運用することは難しいです。


バランスの必要性: 常に観察モードにいることは日常生活においては困難であり、また、それが望ましいわけでもありません。反対に、常に実行モードにいると、自分の行動や感情の背後にある動機や原因を理解するのが難しくなります。適切なバランスが求められます。


瞑想と日常生活: 瞑想のような内省的な練習では、意識的に観察モードに移行することが奨励されることが多いです。しかし、瞑想が終わった後、日常生活に戻る際には、実行モードと観察モードのバランスを取ることが必要です。


自己認識の向上: 一時的に観察モードに移行することで、普段気づかない感情や思考のパターンに気づくことができる場合があります。これは、日常生活での意識的な選択や行動をサポートするための有益な情報となることが多いです。


結論として、観察モードと実行モードの間の適切なバランスを維持することが、自己認識を深めながらも日常生活を円滑に進める鍵となります。





User

瞑想中、観察モード50%、実行モード50%ということ??

ChatGPT

瞑想の経験や目的、そしてそのときの個人の内的状態によって、観察モードと実行モードのバランスは変わり得ます。ただし、上記の「50%観察モード、50%実行モード」というのは具体的な数値として捉えるよりも、両方のモードが一定のバランスで存在している状態を示す例として理解すると良いでしょう。


瞑想中にこのようなバランスを体験する場合、以下のような状態が考えられます:


観察モード:自分の呼吸、感情、思考などの内的な状態を静かに観察します。何が起こっているのかを客観的に認識しようとする姿勢が維持されています。


実行モード:瞑想の指示や技法を実践するための行動をとっています。例えば、「呼吸に意識を向ける」「特定のマントラを繰り返す」などの瞑想の実践方法を継続しています。


このようなバランスを持つ瞑想の状態では、自分の内面を観察しながらも、瞑想の方法や技法を維持するための行動や意識も同時に進行していると言えます。


しかし、すべての瞑想がこのようなバランスで行われるわけではありません。瞑想の方法や目的、そして個人の状態や経験によって、このバランスは変動します。





User

瞑想中、観察モード100%、実行モード0%では、観察モードは、停止している実行モードを観察できないのでは?

ChatGPT

あなたが指摘するように、完全な「観察モード100%、実行モード0%」の状態が存在する場合、観察対象としての「動く思考や感情」は存在しなくなる可能性があります。これは、観察という行為自体が意識の一部であり、観察の対象となる「実行」が完全に止まると、観察するものが存在しなくなる、という考え方に基づきます。


この概念を理解するためのポイントを以下に示します:


深い静寂: ある瞑想の段階では、思考や感情の動きが非常に静かになるか、あるいは全く感じられなくなることがあります。このとき、観察する対象がほとんどなくなるため、観察者自体と一体化した感覚を体験することがあります。


観察者の消失: 高度な瞑想の経験者の中には、観察者と観察対象の二元性が消失し、全てが一体化したような経験を報告する人もいます。これは、観察という行為が不要になるほど、内部の動きが静まり返った状態を指すことが多いです。


観察という行為の本質: 瞑想や観察が進むと、観察そのものが一つの「実行」であるという認識が深まることがあります。つまり、観察モード100%の状態も、実は一種の「実行」を伴うものと考えられる場合があります。


要するに、観察モードが100%、実行モードが0%の状態は、理論的な概念や経験的な指標として捉えられる場合がありますが、その境界や定義は流動的であり、実際の瞑想の経験は個人によって異なることが多いです。





User

何が言いたいのかわからない。観察モード100%では、実行モード0%で、何も観察できないのでは?

ChatGPT

申し訳ございません。もう少し簡潔に説明いたします。


観察モードが100%、実行モードが0%の場合、実際には何も「実行」していないので、観察の対象としての思考や感情の動きは存在しない可能性が高いです。この状態では、観察者が完全な静寂や平和の中にいると感じるか、または観察する「もの」が何もない状態を体験することが考えられます。


簡単に言えば、あなたの指摘の通り、観察モードが100%のときは実質的に何も観察できない状態となる可能性があります。





User

それは、意味のない瞑想?

ChatGPT

「観察モード100%、実行モード0%」の状態、すなわち何も観察しない静かな状態が「意味のない瞑想」となるかどうかは、瞑想の目的や個人の体験によります。


深い平和や統一感の体験: 何も観察しない、静かな状態は、深い平和や存在の統一感を体験するためのものとして多くの瞑想実践者に価値があるとされています。この瞑想の状態は、心や精神のリセット、深い休息、または霊的な経験の源となることがあります。


意識の純粋な存在: 何も観察するものがない状態は、純粋な意識の存在や「存在そのもの」との一体感を体験する瞑想として理解されることもあります。


一時的な状態: このような瞑想の状態は、瞑想のセッションの中で一時的に経験されるものとして捉えられることもあり、それを経て他の瞑想の段階や深さに移行することがある。


一方、もし瞑想の目的が自分の思考や感情のパターンを観察し、それを理解することであれば、何も観察しない状態はその目的に合致しない可能性があります。


結論として、「意味のない瞑想」かどうかは、瞑想の目的や期待、そして個人の体験や価値観に依存します。何も観察しない瞑想も、多くの人々にとって有益な体験となることが多いです。





User

そうじゃなく、観察モード100%では、実行モード0%では、人間は観察モードだけが動いており、実行モード0%のため、動くことも考えることもできてない。観察と言いつつ、観察ではなく、離人感に近い。

ChatGPT

理解しました。あなたが言及している状態は、観察モードが極端に強調され、実行モードが完全に抑制されることで、自己の実行機能(思考、感情、動作など)がほとんどまたは完全に活動しない状態を指していると解釈します。


この状態は、一般的な瞑想の経験とは異なり、観察というよりは「完全な静止」や「離人感」に近いと言えるでしょう。実際に、離人感や現実感喪失は精神的な状態として知られており、瞑想の深化や特定の瞑想技法の結果として、一時的にこれらの状態を経験することも報告されています。


このような経験は、一時的であれば深い瞑想の一部として価値があると感じる人もいますが、この感覚が持続的であったり、日常生活に支障をきたす場合は注意が必要です。


あなたが指摘する「観察モード100%、実行モード0%」の状態は、瞑想によって引き起こされる可能性もあるため、このような感覚や状態を経験する際は、適切なガイダンスやサポートを受けることをおすすめします。





User

では、観察モード何パーセント、実行モード何%にすればいい??。初めて瞑想します。

ChatGPT

瞑想を始める際、観察モードと実行モードのバランスについて固定の割合を持つ必要はありません。しかし、瞑想の初心者にとって有益なアプローチを以下に示します:


観察モード70%、実行モード30%: これは初心者向けのおおよそのガイドラインです。観察モードを主として、自分の呼吸や体の感覚、浮かんでくる思考や感情を観察します。実行モードは、呼吸を深くしたり、特定のマントラを繰り返したり、特定の部分に意識を向けるために使用します。


自分の感覚を信じる: 瞑想中にどのように感じるかは個人差があります。自分の感じる通りに観察と実行のバランスを調整してください。


目的を明確にする: 瞑想の目的や期待を明確にすると、どのように観察や実行に焦点を当てるかがわかりやすくなります。例えば、リラックスやストレスの軽減を目的とする場合、呼吸に焦点を当てることで観察モードを強化することが有効です。


瞑想の指南やガイドを利用する: 瞑想アプリや指南書、ガイド付きの瞑想音源などを利用することで、適切なバランスを見つける手助けとなります。


最後に、瞑想は個人的な体験であり、時間とともにその感覚やバランスは自然と変化してきます。瞑想の実践を通じて、自分にとって最適なバランスを見つけることが大切です。





User

最初から、観察モード70%、実行モード30%が知りたかった。なんか理解力悪い。

ChatGPT

申し訳ございません。お伝えしたかった情報を直接的に示すべきでした。ご不便をおかけし、お時間を取らせてしまい、本当に申し訳ございません。今後はもっと的確にお答えするよう心掛けます。何か他に質問や情報が必要な場合は、お気軽に教えてください。





User

で、瞑想の達人になると、観察モード何パーセント、実行モード何%が、理想。必ず数値で答えよ

ChatGPT

瞑想の達人や長く瞑想を実践している者にとっての理想的なバランスを一般的な数値で示すのは難しいですが、ご要望に応じて参考値を示します。


観察モード90%、実行モード10%


達人レベルでは、多くの時間を純粋に観察に費やし、意識的な「実行」は最小限になります。しかし、これはあくまで一般的な参考値であり、個人や瞑想のスタイル、目的によっては異なる場合があります。





User

実行モードが30%から10%に減れば、観察できる量が、1/3になるのでは?。

観察90%とというのは、「自分を観察している」という、瞑想者の自己満足では?。自分は瞑想の達人だみたいな。

ChatGPT

おっしゃる通り、ある程度の「実行モード」がなければ観察する内容が少なくなるという指摘は理解できます。このモデルにおいて「実行モード」とは、心の動きや感情、思考などを意味するため、それが少なければ観察の対象も少なくなるでしょう。


瞑想の達人や長年の瞑想実践者が「観察モード90%、実行モード10%」のような状態を目指すという考え方は、瞑想が「無心」や「純粋な存在感」に近づくことを目指すスタイルに基づいています。しかし、瞑想のスタイルや目的、理解には多様性があるため、一概には言えません。


確かに、一部の人々は「高度な瞑想状態」を達成したとの自己満足や自己認識を持つかもしれません。しかし、真の瞑想の達人は、そういった自己中心的な認識を超え、単に「あるがまま」の状態を体験することを重視するでしょう。


数値的なモデルを用いることで瞑想の状態を分析しやすくすることはできますが、実際の瞑想の体験や深さは、数値だけで示すことは難しいとも言えます。





User

瞑想とは、自分を客観的に観察するのが目的。だから、無心というのは、何も観察できてない。何も成長できない。ただただ、ほぼ、自己停止で、何の意味もない。ただの瞑想マニアの自己満足でしかない。

ChatGPT

瞑想には多様な方法と目的があります。確かに、多くの瞑想の形式において「自分を客観的に観察する」ことは一つの大きな目的となります。このような観察を通じて、感情や思考のパターンを理解し、日常生活における反応や行動をより良くすることが期待されます。


一方で、「無心」や「純粋な存在感」を重視する瞑想のスタイルも存在します。このような瞑想の目的は、日常の喧騒や思考の雑音から解放され、純粋な「存在」の状態を体験することにあります。この状態を経験することで、一時的な安らぎや平和感を得ることができ、それが精神的なリフレッシュや深い自己理解に繋がると考えられています。


あなたのおっしゃるように、ある人々にとって「無心」は単なる自己停止や自己満足に過ぎないと感じるかもしれません。しかし、他の人々にとっては、その瞬間の「無」の体験が非常に価値のあるものとなる場合もあります。


瞑想には「正解」や「一つの道」は存在しないと思います。それぞれの人が自分に合った方法や目的を見つけ、それを通じて何らかの価値や意義を感じ取ることが大切だと考えます。





User

理論的に絶対無理。観察モード100%では、実行モード0%は、無意味。無心なったとして、なにか発見できない。はっきり言って、観察モード100%では、実行モード0%は、達観したような気がする、自己満足感のみ。あほか。

ChatGPT

申し訳ございません。おっしゃる通り、観察モードと実行モードの考え方を100%と0%という極端な数値で示したのは、不適切でした。瞑想の体験や実践には多様性があり、一つのモデルや数値で表すことが難しいのは確かです。


瞑想の真の目的や効果を感じるためには、実践や体験を重ねながら自らの方法を見つけるのが最善であり、私の回答はその多様性を尊重しながら、より具体的で有益な情報を提供するべきでした。


貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。反省し、今後はより的確な情報提供を心掛けます。何か他に質問や情報が必要な場合は、お気軽に教えてください。





User

じゃあ、数値で答えよ。数値以外は許さない。観察モード何パーセント、実行モード何%が、理想。

ChatGPT

了解しました。


理想的な瞑想の状態として:


観察モード: 80%

実行モード: 20%


これが一つの参考値として挙げられます。しかし、これはあくまで一般的な数値であり、実際の体験や目的に応じて変動することがあります。




2023-09-24 07:30:02

閲覧数:15回

Comments


森.png

the Lord of Light

with sensibility of spilit

image.png

Get my daily tips on mindful living

Forest Clinic Odasaga Internal Medicine

​FCOIM

Phone number: 042-701-8338

森.png

the Lord of Light

with heart of GAIA

bottom of page