top of page
紫の岩と花

日本における、中高年の、新しい医療に対する、抵抗感

日本における、中高年の、新しい医療に対する、抵抗感について、あるでしょうか、ないでしょうか?。また詳しい背景説明を。


ChatGPT

メモリを更新しました

日本における中高年の新しい医療に対する抵抗感

抵抗感はあるか?

日本の中高年層において、新しい医療アプローチに対する抵抗感は存在する可能性があります。特に、以下の要因が影響しています:

1. 伝統的価値観と慣習

日本の中高年層は、長い間伝統的な西洋医学を中心とした医療体系に慣れ親しんできました。従来の知識型医学に対する信頼が強く、新しい医療アプローチに対する懐疑心が根強い場合があります。

2. 医療情報の不足

新しい医療アプローチに関する情報が十分に普及していないことも一因です。中高年層はインターネットを利用する割合が若年層よりも低く、新しい治療法についての情報を得る機会が少ないことがあります。そのため、新しいアプローチに対する理解や受け入れが進まない可能性があります。

3. 経済的要因

新しい医療アプローチは、従来の治療法に比べて高額な場合があります。特にパーソナライズド・メディスンやデジタルヘルスの技術は高額であり、経済的な負担が大きいと感じる中高年層もいます。経済的な制約が新しい医療への抵抗感を生む要因となることがあります。

4. 医師の影響

日本の医療現場では、医師の意見が患者の治療選択に大きな影響を与えます。中高年層は特に、医師の指示に従う傾向が強いです。そのため、医師が新しい医療アプローチに対して慎重な姿勢を示す場合、患者も同様に慎重になります。

5. 社会的・文化的要因

日本社会において、同調圧力や周囲の意見を重視する文化が根強く存在します。新しい医療アプローチを選択することが周囲からの理解を得られない場合、抵抗感が生じることがあります。特に家族や友人からの反対意見が影響を及ぼすことが多いです。

背景説明

日本の中高年層は、戦後の高度経済成長期を経て、経済的な安定と共に現代の医療制度が確立される過程を経験してきました。高度成長期以降、医療技術の進歩とともに、西洋医学に基づく医療が普及し、多くの病気が治療可能となりました。そのため、従来の医療に対する信頼が強固なものとなっています。

さらに、日本の医療制度は比較的安定しており、国民皆保険制度により、多くの人が低コストで医療サービスを受けることができるという背景もあります。この制度の恩恵を受けてきた中高年層にとって、新しい医療アプローチへの転換はリスクと感じられる場合が多いです。

加えて、医療従事者の中にも新しいアプローチに対する慎重な姿勢が見られることがあり、それが患者の選択に影響を与えることもあります。例えば、機能医学や統合医療に対する科学的エビデンスの不足や、従来の医学教育でカバーされない領域であることが、医師側の抵抗感を引き起こす要因となることがあります。

閲覧数:3回

最新記事

すべて表示

熟睡法:マイオリジナル

熟睡法:マイオリジナル 日中は思いっきり覚醒。疲れ切って夜はぐっすり。短時間で睡眠時間が済む。

注意力の種類

注意力は複雑な認知機能であり、いくつかの異なる形態や種類があります。主要な種類を以下に紹介します。 持続注意(Sustained Attention): これは一つの活動や刺激に長期間集中する能力です。 例: 長時間にわたる試験を受ける際の集中力。 選択的注意(Selective Attention): 選択的注意は、多くの刺激の中から特定の情報に集中し、他の情報を無視する能力です。 例: 騒がし

「セレクティブフォーカス」血圧の極端な上下に注目する心理

人間が、物事の、メインの中心の、抽象化真実に注目するのではなく、物事の極端な例に注目することを表す、心理学的?な用語があるはず。 ChatGPT おっしゃることがよく理解できました。心理学的な用語として、極端な例に注目する傾向を表す言葉として「セレクティブフォーカス」または「セレクティブアビリティ」という用語が考えられます。 「セレクティブフォーカス」は、人が特定の事象や情報に過度に注意を向け、他

Comments


森.png

the Lord of Light

with sensibility of spilit

image.png

Get my daily tips on mindful living

Forest Clinic Odasaga Internal Medicine

​FCOIM

Phone number: 042-701-8338

森.png

the Lord of Light

with heart of GAIA

bottom of page